ロゴ

冤罪と死刑
-冤罪事件から日本の死刑制度賛否について考える-

news一覧

2019年12月01日

「もう逃げない」“和歌山カレー事件”林死刑囚 長男 壮絶すぎる半生

2019年11月24日

来日のローマ法王 袴田元被告をミサに招待

2019年11月24日

都内で死刑廃止シンポジウム、袴田巌さんも参加

2019年11月23日

死刑廃止と仮釈放ない終身刑導入 要求 日弁連が基本方針

2019年06月27日

「責任果たしてない」=再審取り消しに憤り-大崎事件弁護団

2019年06月26日

「大崎事件」再審開始認めず 最高裁、再審開始決定の取り消しは初

2019年06月22日

「布川事件」を投稿しました

2019年06月10日

昌司さん独白「自分としては当たり前じゃん!」

2019年06月10日

布川事件賠償 「証拠隠し」の罪深さ

2019年06月03日

布川事件、国と県に賠償命令 「違法捜査で有罪に」訴え

2019年03月21日

「良いと思うことすべてやる」 袴田元被告「恩赦」を出願 

2019年03月21日

【特集】冤罪から10年…村木厚子さんは今 悩める女性に支援を

2019年03月21日

鈴木宗男元議員の再審 認めず

2019年03月21日

無実へ前進、西山さん「うれしい」 湖東病院事件で再審確定

2019年03月21日

袴田さん、散歩が「仕事」 精神的に不安定、今も 釈放から5年

2019年03月03日

「冤罪犠牲者の会」が設立 証拠閲覧権の確立など求め

2019年03月03日

「冤罪犠牲者の会」設立へ 桜井さんら40人 証拠の全面開示要望

2019年03月02日

欧州はなぜ「死刑廃止」を受け入れた?「人間は間違える」

2019年03月02日

松橋事件再審 無実を晴らすルールを 2019/02/09東京新聞

2019年03月02日

松橋事件再審 初公判 2019/02/09東京新聞 

2019年01月20日

人権団体「人質司法」調査を検討 ゴーン被告勾留で

2019年01月12日

死刑を考える 執行「取り返せぬ」 東京新聞

2019年01月12日

死刑を考える 「当然」でも晴れぬ心 東京新聞

2019年01月05日

強姦冤罪事件、女性の「うそ」で服役 裁いた国の責任は

2018年11月15日

「和歌山毒物カレー事件」を投稿しました

2018年09月15日

元刑務官「心臓がどくんと動いていた」 死刑制度考える

2018年08月27日

「狭山事件」を投稿しました

2018年08月09日

「死刑賛成8割」独り歩き 進まない存廃議論「世論」は本当? 

2018年08月09日

7月の全員執行急ぐ 政治日程 豪雨災害考慮か 

2018年08月09日

論壇時評 麻原元死刑囚 刑執行の是非 2018/7/25東京新聞

2018年08月09日

本音のコラム オウムの死刑執行 2018/7/21東京新聞

2018年08月09日

本音のコラム 前夜に祝杯 2018/7/17東京新聞

2018年08月09日

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

2018年08月08日

執行前日 死刑を延期 米ネバダ州 東京新聞

2018年08月08日

和歌山毒物カレー事件 死刑囚の息子 葛藤20年 東京新聞

2018年07月09日

死刑制度の是非をテーマに激論!海城中学校の社会科授業

2018年07月03日

「袴田事件」再審棄却は明らかに間違いだ PRESIDENT Onlineから

2018年07月02日

「袴田事件」再審認めず 82歳袴田氏は自分を「23歳」と認識

2018年07月01日

名張毒ぶどう酒事件で大学生が事件現場の跡地を調査

2018年06月25日

NHK逆転人生 強盗冤罪事件の捜査・取り調べ内容が酷すぎる

2018年06月23日

「袴田事件2 2、5点の衣類・自白について」記事投稿

2018年06月23日

「袴田事件2 1、DNA鑑定について」記事投稿

2018年06月18日

“再審開始認めず”袴田さん側が特別抗告

2018年06月17日

袴田事件再審目指し支援者ら一丸

2018年06月16日

高まる精度、冤罪の危険も=刑事裁判のDNA鑑定・袴田事件

2018年06月15日

コラム凡語:袴田さん

2018年06月13日

弁護団 特別抗告へ 袴田事件 高裁決定受け

2018年06月12日

輪島功一さん「袴田さんが死ぬまで待つつもりか」

2018年06月11日

再審開始取り消した大島裁判長 過去に横浜事件で免訴

2018年06月11日

袴田事件「冤罪決定だ」と弁護団怒り

2018年02月07日

飯塚事件 状況証拠を過大評価 元東京高裁判事・門野博氏

2018年02月06日

飯塚事件再審認めず=元死刑囚側の抗告棄却―福岡高裁

2017年12月30日

袴田事件「みそ漬け7年」DNA抽出実験 弁護団が再現

2017年12月01日

「取り調べ中の暴行で死亡」遺族の訴え 大阪高裁が棄却

2017年11月21日

「飯塚事件」の再審を求めて学者ら報告―死刑執行後数々疑念浮上

2017年11月13日

娘の成長見られず15年 冤罪のマイナリさん、無念語る

2017年08月27日

20170802 東京新聞記事 アメリカ死刑賛成派が過半数割れ

2017年08月23日

冤罪を訴え続ける死刑囚の妻「最後まで付き合うしかない」

2017年08月08日

「冤罪」明らかに…関西でセンター発足、活動本格化

2017年08月07日

「犯罪の加害者を責めません」——ある遺族の選択とは

2017年07月27日

<鳥取連続不審死>最高裁上告棄却 上田被告死刑判決確定へ

2017年07月21日

「名張毒ぶどう酒事件」を投稿しました

2017年07月12日

2人の死刑執行 金田法相では2度目 1人は再審請求中

2017年07月04日

「大崎事件」で鹿児島地検が即時抗告

2017年06月10日

【袴田事件】鑑定再現「不可能」 検証の教授が最終報告提出

冤罪と死刑 -冤罪事件から日本の死刑制度賛否について考える-

現代の日本においても残念ながら多くの冤罪事件が存在しているとされています。つまり無実でありながら、犯人として扱われ、逮捕、拘留の上、刑罰を与えられるケースが存在するのです。

 冤罪被害者は、裁判所で無罪が言い渡され判決が確定するまでの間、犯人扱いされ、長期にわたり、非常かつ重大な人権侵害を被っているわけです。無実で有りながら、無期懲役や死刑を言い渡された例もあります。

 そして、本人ばかりでなく、冤罪被害者の家族・親族も大変な人生を歩むことになります。

 このサイトでは、冤罪であることが確定した事案、冤罪の可能性が疑われる事案の両方を紹介していきたいと思います。そしてその冤罪の実情を知ることで、どのようにすれば冤罪を防ぐことができるのか、現在の司法の問題点、死刑制度の賛否についても読者の方と一緒に考えていきたいと思います。

 ご存じの通り、日本おいて死刑制度については、約8割程度の国民が賛成していると言われています。

しかし、世界的に見れば、以下の様に

 

 

 死刑制度を廃止している国が年々増えています。(なぜ世界の多くの国が死刑廃止に舵を切っているのかその理由などについても紹介していきたいと思います。)

 このように世界の多くの国が死刑廃止もしくは事実上死刑廃止に舵を切る中、日本においては、死刑制度賛成派が今なお多数を占めています。その理由について死刑制度のあり方を含め、犯罪被害者やその親族はもちろん冤罪被害者やその親族の立場からも考えていければと思っています。

 難しい、重いテーマではありますが、当サイトを通じて死刑賛成派・反対派の両方の方と共に考えていくきっかけになれば幸いと考えています。

末永くお付き合いください。
ご意見、ご感想などあればお願いします。

(※お願い)
尚、記事内容についてはできる限り正確さを心がけ記載しているつもりですが、なにぶん素人ですので、間違い等ございましたら、ご指摘頂ければ幸いです。

「死刑制度について」の記事

「冤罪事件について」の記事

  • 布川事件

    自白と目撃証言のみで逮捕・起訴され、無期懲役が確定したが、その後無罪判決が出た冤罪事件である。
    続きを見る
  • 和歌山毒物カレー事件

    1998年7月25日、和歌山県和歌山市で行われた夏祭り会場において提供されたカレーを食べた67人が、腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、このうち、4人が死亡した事件である。
    続きを見る
  • 狭山事件

    1963年5月1日、埼玉県狭山市内の川越高校入間川分校別科1年生(当時16歳)に在学する裕福な農家の四女・中田善枝さんが、誘拐された後、殺害された女子高生誘拐殺害事件である。
    続きを見る
  • 袴田事件2 その2

    東京高裁の決定(2018/6/11)は、到底納得できるものではない。
    続きを見る
  • 袴田事件2

    東京高裁 袴田さんの再審開始を認めない理不尽不当判決
    続きを見る
  • 飯塚事件

    この事件は、無実の人間の死刑を執行した可能性が高い、つまり無実の人間を国家が殺害した可能性もあるという、死刑制度を揺るがすほどの極めて問題の事件である
    続きを見る
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件は、1961年3月28日夜、三重県名張市葛尾(くずお)地区の公民館で起きた毒物混入事件。5人が死亡し、「第二の帝銀事件」として世間から騒がれた。
    続きを見る
  • 足利事件

    1990年5月12日、栃木県足利市にあるパチンコ店の駐車場から4歳の女児が行方不明になり、翌朝、近くの渡良瀬川の河川敷で遺体となって発見された。
    続きを見る
  • 袴田事件

    袴田事件とは、1966年6月30日静岡県清水市の味噌会社の専務宅で発生した強盗殺人放火事件である。
    続きを見る